工事内容

工法ラインアップ

工法

鋼管杭圧入工法

特徴 計画された支持層まで基礎の下に鋼管杭を打ち込み、杭頭にジャッキを設置し、基礎より上げる工法である。
支持層まで鋼管を打ち込むため、強度が増し安定度が高い。
3つの工法の中で一番信頼性の高い工法。
鋼管杭圧入工法
工期 約1ヶ月
価格 新築の約半分以下
(基礎の面積・重量、また支持層までの深さ等で金額が変わります)

耐圧版工法

特徴 基礎の下を掘削し、耐圧板を設置し、そこにジャッキを設置し基礎より上げる工法である。
基本的には不動沈下が終わった状態で用いられる工法。 
アンダーピン工法に比べて工期が早く、価格も安い。
耐圧版工法
工期 約2~3週間
価格 アンダーピン工法の約半分以下
(基礎の面積・重量で金額が変わります)

土台上げ工法

特徴 基礎をハツリ、基礎と土台木の間に鉄板を通し、両サイドにジャッキを設置し、基礎より上を上げる工法である。
掘削作業がないため、他の工法と比べ、施工期間が短いのが特徴です(基礎は上げず、土台木から上を上げる工法です)。
また価格も安価で行えます。
土台上げ工法
工期 約1週間
価格 安価 アンダーピン工法の約1/5
(施行面積で決まります)
ページトップへ